小学生留学は夏休みに台湾で

小学生留学でもっとも馴染みやすい外国といえば台湾が挙げられ、距離的にも近く親日家が多いことで安心して勉強できることで毎年増加の傾向にあります。


台湾は世界的にみてもトップレベルの治安の良さと親日家が多いことでも知られているので、小学生留学に特に適しているといわれています。



小学生留学のプログラムは日本の夏休みの期間に、台北や近郊の淡水などで開催されていて期間は主に3週間〜6週間のコースが用意されていますが、1週間〜といった短期間でも利用できます。


中国語がはじめてのひとにも利用できるプログラムで、いろんな国の子ども達が参加しているので異文化交流を楽しめ、国際感覚を小さい頃から身に付けておくのは大きな財産になります。

親御さんも中国語のコースに参加できるほか、オプションで台湾文化のコースもありますので、お見逃しなく。



食事の面でも台湾の食べ物はあっさり系の味付けで日本人好みのものが多く、食生活でのストレスも少なくすみ、中国語の勉強に関しても1日の半分は文化体験コースの授業を取り入れている学校もありますので、好みや目的に合わせて選んでみてください。
文化体験の授業ではカンフーや書道といった台湾ならではのプログラムが用意されていて、郊外では世界三大博物館のひとつされる故宮博物院などの観光スポットを訪れます。


台湾の小学生留学の滞在先は現地のホテルが一般的とされていて、ホームステイも人気ですが数が限られているので、希望される場合は早めに申し込まれることをおすすめします。